差別の巣窟たる永田町で孤軍奮闘部落差別と闘い続けた野中広務氏を追悼する

d0007721_10375222.jpg


転機となった「裏切り」 野中広務さんの「政治と差別」
ⓒJ-CASTニュース 2018/1/26 19:49 https://www.j-cast.com/2018/01/26319712.html

  2018年1月26日に92歳で亡くなった元官房長官の野中広務さんは、近年、政権中枢を担った保守政治家の中ではとびぬけて重たい人生経験の持ち主だった。

戦争末期に召集され、軍隊生活を送っただけではない。身をもって「被差別」を知り、もがき苦しんだ過去があった。

「差別体験」を赤裸々に語る

元共同通信記者、魚住昭さんは2004年、『野中広務 差別と権力』(講談社)を出版、野中さんの波乱に満ちた人生に切り込んだ。当時、しぶしぶ取材に応じた野中さんは「話をするのはいいけれど、雑誌に書かれるのは迷惑な話なんで、死んでからにしてください」と、良い顔をしなかった。

だが、政界引退後の09年に人材育成コンサルタント、辛淑玉さんと共著で出した『差別と日本人』(角川書店)では、もう吹っ切れたのか、自らの「被差別体験」を赤裸々に語っている。

忘れようにも忘れられない「事件」が起きたのは25歳のころだ。野中さんは大阪鉄道局に勤めていた。抜群に仕事ができて、破格の出世をしつつあった。そんなとき、会議室の付近で偶然、野中さんの出世をねたむ先輩と、自分の中学の後輩とのこんな会話を耳にした。

「なんであいつだけ特待生みたいに昇給するんだ」
「野中さんは大阪におったら飛ぶ鳥落とす勢いだけど、地元に帰ったら部落の人だ」

この後輩には特に目をかけ、可愛がっていた。働きながら夜間大学に通える手だてもしてやった。にもかかわらず、こんな形で裏切られるとは・・・。下宿に走って帰って4日間ぐらい七転八倒した。そこで出した結論は「自分の出自を知ってくれている場所に帰って、そこから人生をやり直してみよう」だった。

戦争中、高知の陸軍部隊で本土決戦に備えていた野中さんは、敗戦を知って仲間とともに坂本龍馬像の前で自決を図ろうとしたことがある。気づいた上官に殴られ、「死ぬ勇気があるんなら、日本の再興のためにがんばれ」と諭された。あれから5年、2度目の「再出発」だった。

いくつかの「原体験」

野中さんの実家は、地域では数少なかった自作農。父は保護司などもしていて、地元では信頼された人だった。長男ということで、旧制中学まで進むこともできた。帰郷した野中さんは青年団活動などに専心して、政治の道を志す。

町議4年目の1955年に結婚した。婚約のとき、妻になる人に「言うておかなければならないことがある」と切り出した。「それは僕が部落の出身者だということだ」。妻は、「私が理解しておればいいことです。親や兄弟まで了解を得なければいけない話ではありません」と答えた。

d0007721_10425409.jpg


『差別と日本人』では、「部落問題」のほかにもいくつかの「原体験」を記している。

・戦時中、実家の近くに大阪の造兵廠が移ってきた。そこでは朝鮮半島から連行されてきた朝鮮人がたくさん働かされていた。小さなバラックに住み、日本人にムチで叩かれたり、重い荷物を運ばされたりして、ひどい目に遭わされていた。

・私の五人の弟妹は、朝鮮人の女性に子守りされた。これは私の親の考えである。在日朝鮮人の人といっしょにご飯を食べたり、いっしょに寝たりもした。

・71年、まだ日中国交正常化の前に、最初の訪中をした。そのとき、同行した後援者の1人が南京の雑踏で倒れて起き上がれなくなった。聞けば彼は、南京事変に参加していたという。上官の命令に逆らえず、何の罪もない女性や子ども百数十人を殺した。その忌まわしい記憶が現地で甦り、倒れてしまったのである。

・僕らが聞いてきたのは、兵隊から帰ってきた連中が自慢たらたら言っていたこと。ベニヤ板で造ったような箱物の中に女性が一人寝かされておって、そこにふんどし一丁の男が五十人も六十人も順番待ちしている。

・62年、初めて沖縄を訪れたとき、タクシーの運転手がいきなり車を止め、「あのサトウキビ畑のあぜ道で私の妹は殺された。アメリカ軍に、ではないです」と言った。

こうした体験を紹介しながら、結論づける。

「ともかくね、先の戦争で日本がやってきたことに対して・・・罪の意識がない日本人というのは、これは非常に後世のためによくないことだと思っておるわけでね」

連立政権時代の調停者

だからといって野中さんは、単純ではなかった。部落問題ではむしろ、様々な「特権的」な同和対策事業に手厳しく、その一掃のために尽力した。

自民党の幹事長代理時代に、南京の「抗日大虐殺記念館」を訪れたときは、「虐殺者30万人」という不確かな数字が壁面に記されていることを知って、献花はしないと申し出た。官房長官の時代には、国旗国歌法を成立させた。一方で、従軍慰安婦問題では、政府の基金づくりに努力する一人に加わった。

一筋縄では理解しにくい政治家――『差別と権力』で著者の魚住昭氏は、「部落から求められる役割と部落外から求められる役割。相反する二つの要請に応えながら、野中は双方の支持を取り付けてきた・・・二つの顔を使い分けながら『調停者』の役割を演じてきたといってもいい」と分析。90年代、連立政権の時代に、利益の異なる集団の境界線上に身を置きながら、きわめてタフな調停者として権力の階段を上っていったと見る。

「最後の発言」で怒り爆発

だが、政治家人生の最後に「怒り」がストレートに爆発した。

2003年9月21日、引退直前の自民党総務会。野中さんは「私の最後の発言」と断って話し始めた。

「総理大臣に予定されておる麻生総務会長。あなたは(グループの)大勇会の会合で『野中のような部落出身者を日本の総理にはできないわなあ』とおっしゃった。そのことを私は、大勇会の3人のメンバーに確認しました・・・私は絶対に許さん!」

激しい言葉に総務会の空気は凍りついたという。(『差別と権力』より)

「部落出身者であってもまじめに真剣に働け。それでもなお差別されたら、その時は立ち上がれ」――野中さんは『差別と日本人』で「私はこんな信念を持っている」と書いていた。

「この国の歴史で被差別部落出身の事実を隠さずに政治活動を行い、権力の中枢までたどり着いた人間は野中しかいない」(魚住昭『差別と権力』)


麻生太郎に野中広務が“宣戦布告”
ⓒ永田町異聞 2008年08月25日(月) https://ameblo.jp/aratakyo/entry-10157993497.html

元自民党幹事長、野中広務は政界を引退したはずだが、いまだに全国土地改良事業団体連合会の会長として利権を握り、政治への影響力を保っている。


彼がこのところ苦々しい思いでいるのは「麻生太郎待望論」が自民党内にはびこり始めたからだ。甘利明に続き、麻生太郎の盟友、中川昭一も「何も発信しない首相ではだめだ」と“福田降ろし”の声を上げて、党内にはキナ臭い空気が漂っている。


野中広務はたまらず、24日早朝のTBS「時事放談」のなかで、麻生太郎に“宣戦布告”した。「麻生さんではダメです。もしそのようなことがあったら、私自身のことに関してでも、国民の皆さんに明らかにするつもりです」


筆者は野中の私怨をその言葉から感じた。麻生がかつて野中に放った言葉の矢。そのときの怒りをいまだ水に流していないようだ。


2001年4月、森喜朗の退陣表明を受けた総裁選で、連立与党内から野中を推す声が強まった。もし野中が出れば圧倒的に有利とみられたが、彼はそれを固辞し橋本龍太郎を担ぎ出した。


ジャーナリスト、魚住昭は自著「野中広務差別と権力」のなかで、「永田町ほど差別意識の強い世界はない。彼(野中)が政界の出世階段を上がるたびにそれを妬む者たちは野中の出自を問題にした」と書いている。


おそらく、野中はそういう背景を考慮して辞退したのだろう。「自分が出馬したら橋本派が分裂する」と危惧したともいわれる。


一方、麻生太郎はそのときの総裁選に出て、小泉純一郎、橋本龍太郎と戦った。党大会の前日、大勇会(河野グループ)の会合で、麻生は当然その場にはいない野中を名指しして言い放った。


「あんな部落出身者を日本の総理にはできないわなあ」


野中はその話を伝え聞いたが、その場はじっとこらえて胸にしまいこんだ。やがて2003年の総裁選で小泉打倒を画策して失敗。引退を決意してのぞんだ自民党総務会の席上、政調会長だった麻生に向かって野中が激しい言葉を投げつけた。


「君のような人間がわが党の政策をやり、これから大臣ポストについていく。こんなことで人権啓発なんてできようはずはないんだ。私は絶対に許さん」麻生は何も答えず、うつむいていたという。


森喜朗もそうだが、麻生の弱点の一つは、余計な発言が多いということである。民主党の話に関連して、「ドイツはナチスに一度やらせてみようということで政権を与えてしまった」と言ったのはつい先日の話。日本と中国のコメ価格を比べ、「どっちが高いかは認知症患者でも分かる」という昨年7月の発言も、“デリカシー欠乏症候群”の兆候がくっきりあらわれていた。


麻生が愛してやまないマンガは日本が世界中に輸出した誇るべき文化だ。サブカルチャーというが、その影響力は「サブ」を取り除いてもいいほど大きい。なによりも、エンタテイメントを楽しむ脳にジワリと一定の思考パターンや情緒をしみ込ますことができる恐ろしい情報武器なのである。


世界中に生まれたポケモン世代は“日本人の心”を潜在意識に植え付けられて大人になった。ユーロ高で日本への旅行が格安になったヨーロッパの若い女性がどっと東京へ押しかけ、ジャニーズの関連グッズを買いあさる光景は、ひと昔前にはとうてい考えられないことだった。


麻生が注意しなければならないのは、この漫画カルチャーのしみついた麻生自身の発言が、ともすればインパクトのある単語を使って分かりやすくしようという「サービス精神の罠」に落ちることだ。


野中はときに、歌舞伎役者を思わせる大時代な節回しで喋る。「時事放談」での発言は、似つかわしくないほどサラリとしていて、かえって不気味だった。


魚住昭はこうも書いている。「この国の歴史で被差別部落出身の事実を隠さず、権力の中枢までたどり着いた人間は野中しかいない。ようやく山頂にたどり着こうとしたところで耳に飛び込んできた麻生の言葉は彼の半世紀にわたる苦闘の意味を全否定するものだったに違いない」


麻生は「国民の皆さんに明らかにする」という何やら脅迫めいた野中の言葉をどう受けとめるだろうか。デリカシー欠乏症を早期に治しておかないと、野中のような難敵をさらに増やしかねない。百鬼夜行の政界で戦い抜くことはいかにも難しい。                       (敬称略)


スカパー!

冬の5大テーマ祭り「国内ドラマ」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by hageguma | 2018-01-29 10:58 | 読み物 | Comments(0)

池田市民の会/池田市民共闘/池田支部


by hageguma